スペシャライズドを代表するトレイルバイク「STUMPJUMPER FSR」のNEWモデルが昨日の13時に全世界情報解禁となりました!ディーラーの情報配信解禁が本日8時と言うことで早速UP!それと同時に当店には何と!【STUMPJUMPER FSR EXPERT CARBON 27.5 Mサイズ 定価590.000円(税別)】を在庫展示しております!!このモデルの実車を見れるのはおそらく日本全国、ルート610だけ!との事です!!!では早速見てみましょう!

まず印象的なのは「左右非対称」の片持ちフレームですね。DHバイク「DEMO」で使われた技術がスタンピーにも採用されました。剛性と軽量を両立させたフレームは新鮮で美しい!リアヨークも新型で、ついに専用リアサスでは無く汎用性のあるスタンダードなリアサスが使えるようになりました。リアサスとヨークの間にはアジャスト出来る機構があり、入れ替えることで「BBハイトを6mmUP」「ヘッドアングルを0.5度立てる」事が可能です。登り下りの多いトレイルを普段走っている方にはこちらのセッティングが有効ですね。ジオメトリに関しては後ほど。

フレームがコンパクトになった印象ですが、フレームの配置がいいのか、今まで入らなかったロングボトルも装備出来るスペースがあります。フレーム内に工具などがしまえる「SWAT BOX」も新型で枠が無くなりカーボンの穴に直接ふたを付ける設計に。容量も前モデルより「20%アップ」しました。これでより「バックパックいらず」のライドが可能に。

このモデルはリアバックもカーボンです。リンク部分も含めワイヤーが入口から出口まで一切露出して無いので完全中通しなのですが、簡単に交換が出来るようにフレーム内にライナーが入っていて、引き抜いても簡単に通すことが出来ます。何も途中に出てないのでのとてもスッキリしています。それとBBも「ネジBBが復活!」。どちらも作業性が上がる嬉しいアップデートです。タイヤも3インチ幅まで装着可能になりました!

ドライブ側チェーンステイには「チェーンサイレンサー」と言われる凸凹のガードが付いていて、チェーンがフレームを叩く音が静かになるパーツだそうです。
SRAMのスポロケ10tだとステイとチェーンの隙間が少なく確かに音がしてました!どんだけ違うか乗って試してみたいですね。

付いているパーツも一新されています。まずはドロッパーポスト。M,Lサイズには160mmストローク、Sサイズには130mmストロークのドロッパーが付きます。今までのよりストロークが伸びていますがその分シートチューブの長さが短くなったりして、前モデルと同じシート高は確保できる設計です。サイズは専用となり34.9mmとなります。去年発表の「ENDURO CARBON」も同じサイズで、スペシャライズドのカーボンモデルはこのサイズに統一される感じです。機械式構造でNOトラブルは変わらず、かなり軽量になっています。

このEXPERTモデルには何と!最初から「カーボンホイール」が装備されています!UNIディレクションカーボンなので解りずらいですがチューブレス対応のしっかりしたカーボンリムです。ついにこのクラスの完成車にもカーボンホイールが装備される時代が来ましたね。

その他の装備はこちらをご覧ください。フルカーボンフレームにSRAMイーグルドライブ、パイクFフォークにカーボンホイール。もういじるところありません!!
フレームは「FACT 11r」とS-WORKSと同じグレードとなりますのでこのEXPERT、かなりお買得なモデルとなります。

さてここからが本題!大きく、大きく変わったのが「ジオメトリ」です!下記のサイズ票をご覧ください。(数値の比較は全てMサイズです。)

写真を見て皆さんお気づきかと思いますが「ホイールベース」がかなり長くなっています。前モデルから比べて「54mm」も長くなっています。一つの要因は「ヘッドアングル」がかなり寝た事で、前モデルが67度だったのに対し「65.5度」。65.5度と言えば少し前のDHバイクです!操作性を向上させる「リアセンター(チェーンステイ)」の長さは逆に長くなり420mmから「432mm」となっています。業界でも1番と言ってもいいリアセンターの短さだったスペシャライズドが長くしてきたのには何か理由があるのか?リアセンターと同様に操作性に影響がある「BBハイト」を見ると何となく見えてきます。前モデルが340mmだったのに対し何と「336mm」!これは超低い!!乗ってみないと何とも言えませんが、この下がりは地面を張って走っている感覚でしょうね。先ほど触れたように「シートチューブ」は短くなりスタンドオーバーハイトも下がりました。「トップチューブ」は今の流行で長くなり前モデルが587mmに対し「595mm」。「ステム」は「40mm」となりダイレクトな操作感が期待できます。これだけ変わると正直乗ってみないとどんな感じかわかりませんね。ただ一つ言えるのは「STUMPJUMPER」はスペシャライズドの中心に位置するバイクで、登りも下りも楽しめるトレイルバイクである事には間違いありません。なので「登りづらい」「小回りがきかない」「下りずらい」は絶対ないと思います。きっとこのジオメトリには理由があるはず!今から乗るのが楽しみです!!

今回入荷のカラー良いと思いませんか!?写真ですと少し薄く見えますが、実車はとても綺麗なカラーです!さらに形がメチャクチャカッコいい!!これはヒットの予感です。他のモデル含め4月入荷のモデルはとても少なく限られたお店でしか展示してないそうです。しかも何処も「STUMPJUMPER FSR ST 27.5」というキャンバーの変わりになる130mmストロークのアルミモデルだそうです。カーボンで150mmストロークのスタンピーがあるのは当店だけ!!ぜひぜひご来店お待ちしております。

他の4月入荷モデルは下記です。

・S-WORKS STUMPJUMPER 27.5 960.000円(税別)※他にもう一色あります。

・STUMPJUMPER ST ALLOY 27.5 220.000円(税別)※他にもう一色あります。
どちらもメーカー在庫超少量あるかな??欲しい方はお早めにお待ちしております。

メーカーの詳しい情報はこちらをご覧ください。

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email