こんにちは 先週末は土日共にお休みを頂き毎年恒例のイベント「榛名山ヒルクライム」通称ハルヒルへ皆さんと参加してきました!今年の集合写真はなぜか私服。

今年で7回目を迎えるハルヒルは、うちの年間スケジュールの中に毎年入っているイベントで、お店として行くのは確か5回目かな?中には第一回から参加しているメンバーもいらっしゃいます。なぜ毎年行くのか?それは、高崎での開催で近い事も有りますが、もっとも魅力的なのが、地元の手厚い歓迎っぷりが半端なく最高だからです!。レースルートで応援の観客がいない区間が無いほど、たくさんの地元方が応援してくれます。こんな市民レースそんなにないですよね。参加者もそうですが、地元の方々も楽しんでいるのがハルヒルです!

ルート610より参加は今年は11名。1日目。清瀬に集まり皆さんで会場を目指します。受付を済ませて、たくさん出ている会場ブースを物色。ブースには地元のグルメもたくさん!毎年、榛名湖畔のお蕎麦屋さんでお昼を食べるのですが、今年はグルメブースで買って、レジャーシート敷いて、みんなで食べました。昼食終了後は車で明日のコースを逆走しながら榛名湖畔の定宿を目指します。毎年お世話になっている宿は、今年も到着早々、部屋に入れてくれる準備っぷり。大会のために臨機応変に対応してくれる女将さん、本当に何時もありがとうございます。到着がお昼過ぎと早かったので少しツーリングへ。今回も、湖畔観光組とコース試走組に分かれてのツーリングです。湖畔組は榛名湖をぐるっと、時計回り、反時計回りと2周して終了。試走組は下まで降りてゆっくり試走と言ってましたが、思った通り、そんなこと無く、結局最後は全開だったそうです。やっぱりね!!みんな宿に戻ってからは自由タイム。早めにお風呂へ入り、1杯飲んで、夕食食べて、明日に備えて早めの就寝です。

2日目は4時起床、5時宿出発!レースの朝は何時も早い!こんなスケジュールでも宿はしっかり用意してくれる。これがハルヒルの手厚い歓迎です!しかも朝からしっかり、たくさんの料理を用意してくれて、ホントありがとうございます。準備終了後は宿を後に、今日登るルートを逆走して下り、会場スタート地点を目指します。今年は少し気温が低いかな?榛名湖畔は朝霧でした。会場に到着すると今年もすごい人の数!今年の参加者も7000人越えと超大所帯!さすが人気イベントですね。会場に到着すると後ろから「武藤さ~ん」と声が、何時もお世話になっている小田原「エンドウ商会」さんのメンバーが声をかけてくれました。エンドウさんのところも12名の参加だそうです。お互い健闘をたたえ合え、各スタート地点へ向かいました。

会場からスタート地点まではパレードラン。さすがに7000人もいるとなかなか動きません。これもハルヒル名物ですね。スタート地点を通過してレーススタート!榛名湖畔のゴールまで距離14km。後半には16%を示す激坂も登場するなかなかの難コースです。この日は例年に比べ気温が引くく比較的走りやすかったです。でもキツイのは何時でも一緒・・・。無事皆さんゴール!ゴール後は湖畔にもあるたくさんのブース前で皆さんと待ち合わせする予定でしたが、メチャクチャ今年は寒くいられません・・と言うことで宿に避難です。(集合写真がジャージで無い理由です)実はここからも宿の手厚い歓迎が。レース後何と、大部屋に通して頂き、お風呂と昼食を出してくれます。実質有料ではありますが、大会が用意してくれる1000円チケットが宿でも使え、実質無料です。これは本当に毎年ありがたい!冷えた体をお風呂で温め、毎年恒例の美味しいカレーを頂きました。女将さん、今年もありがとうございました!また来年も来るので宜しくお願いします!うちは毎年、湖畔に宿を取るのですが、実は参加者のほとんど方が、下に宿、車があります。と言うことはゴール後、自走下山をする感じです。これが7000人もいると一苦労。上に宿を取ると皆さんが下山している間に、片づけ、お風呂、昼食が終わるので、超極楽なんです!

宿を後にし、会場の榛名体育館までは、裏道を通って向かいます。会場では完走章、ブースの再物色をして帰宅の途につきました。早く帰れるのもハルヒルのいいところ。3時には清瀬に到着して解散でした。ご参加頂きました皆さん、今年もありがとうございました。やっぱりハルヒルは楽しいイベントですね。また来年ももちろん行く予定でいますので、宜しくお願いします!

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email