こんにちは スタッフ岡島です。まもなく始まる超過酷なロードレース「パリ〜ルーベ」を前に、スペシャライズドから新型ROUBAIXが本日発表、情報解禁されました!先日、一足先にスペシャライズドジャパン厚木本社にておこなわれたディーラー向け試乗会で、私と武藤店長がテストライドしてきた様子を書かせていただきます!

「北の地獄」「クラシックの女王」の名で知られる過酷なレース「パリ~ルーベ」。荒れた石畳の路面、砂埃の中を大柄なプロ選手達がその巨体をガタガタと震わしながら走る姿は圧巻ですよね。そんなレースにおいて過去に6勝という記録を残しているのがご存じスペシャライズドのROUBAIXです。路面からの振動吸収性を高めるため「ゼルツ」と呼ばれる樹脂製のエラストマーを内蔵したり、「フューチャーショック」と呼ばれるサスペンションをコラムに内蔵させたりと、素晴らしいアイデアでカンチェラーラやボーネン、サガンの勝利に貢献してきました。そんなスーパーバイクがフルモデルチェンジ!更に進化して登場です。

こちらが新型ROUBAIXです!現行ROUBAIXに比べてよりスマートになりましたね!目を引くのがよりエアロ形状になったフレーム。そのエアロ性能はなんとターマックSL6と同じだそうです。自社の風洞実験室「WIN TUNNEL(ウイントンネル)」を持つスペシャライズドだから出来る技ですね。今回のモデルはタイヤクリアランスもかなり広くなり33cのタイヤまで入ります。タイヤを太くするとエアロ効果も向上するそうです。完成車の状態ではどのグレードも28cが装備されています。

続いて目が行くのがROUBAIXの代名詞!コラムに内蔵されたサスペンション「フューチャーショック」ですね。以前のモデルはコイルスプリングだけが内蔵された構造でしたが、新型の2.0バージョンはついに油圧ダンパーが内蔵されました!F1やオフロード車にサスペンションとダンパーが付いているのなら、ロードバイクについていても不思議ではないですよね。更にトップキャップにはダイヤルが装着され、20mmのトラベル量を、動かしたりロックアウトしたり、ライダーが調節できます。ハンドリングやヘッドの剛性はターマックSL6と同じなのにも関わらず、新型フューチャーショックが付く事で、5.8%のトラクション性能が向上したそうです。これで、普段は動かしトラクションを稼ぎ、スプリント時など動かしたくないときにロスをなくせるようになりました。

リアのショック吸収方法は前モデルと変わらず、シートポストをスイングさせ吸収する方法ですが、新型は外からではなく、独自のシートクランプをフレームに内蔵する方法となり、よりスマートになりましたね。大きな振動を吸収する役割をしていたコブルコブラシートポストは廃止され、より振動吸収性に優れた「PAVEシートポスト」が開発されました。S-WORKSターマックについているエアロ効果に優れたD形状シートポストと同形状なので併用もできるそうです。

進化はそれだけではありません、持ってわかる軽いやつやん!それもそのはずS-WORKS ROUBAIXのフレーム重量はわずか900gなんです!サスペンション部分は前作と比べS-WORKSモデルでは-50g、COMPモデルでは-150gの軽量化に成功。56サイズのS-WORKS SRAM eTap AXS装備完成車で、完成車重量が7.3kgということでサスペンション構造が入っているとは思えない程の軽さでした。

さて、20㎞程テストライドをしてみて、試乗した方達とも色々話をしましたが結果….ROUBAIX最高です!漕ぎだしはターマックと遜色ないレベルで軽くよく進みます。コラムに内蔵された油圧サスペンションも、MTBの高級サスペンションのように上質で自然なフィーリングでした。今までのROUBAIXに比べていい意味で動いている感覚がありませんでした。(旧モデルは多少動いてる感が有りました)またホイールベースが長くなり、BBがかなり低くなったので、自分のバイクのように安心して乗りこなすことができました。ひび割れたアスファルトの路面もフューチャーショック、PAVEシートポストが適度に動作するので速度が落ちてこなかったです。このバイクは、サーキットレース、グラベル、ヒルクライム、ツーリングと1台でオールラウンドにこなせるスーパーバイクです!

テストライドの後は、来日された開発責任者のジョン・コルドバ氏によるプレゼンがあり、沢山のことを学びました。以前のモデルもそうですが、ROUBAIXは「エンデュランスバイク」ではなく「レールバイク」として開発されています。ポルシェで例えるなら「ターマックはGT3」、「ROUBAIXは911」だとおっしゃっていました(私はあまりポルシェについて詳しくなかったので、帰りの車の中で武藤店長に違いを聞いたのは言うまでもありません)。とても興味深い事を話していました。今回のROUBAIXをあらゆる路面でテストした結果、サスペンションが有る事による推進力のロスは「ゼロ」だということです。つまり、動かしていようがロックアウトしようが、推進力に影響が無いそうです。ということは動かした方がよりライダーの負担が少なく速く楽に走れるという事です。ライダーからの入力が大きいスプリントやダンシング時はロックアウト出来るので今回のROUBAIXはホント最強です!

あのサガン選手も「今までパリ~ルーベを走っていて手が無感覚になることがあったが、このバイクにはそれがない。石畳の難しいコーナーも落車せず安心して曲がれるんだ」と絶賛していたROUBAIX。今年のパリ~ルーベで誰が勝利するのか…ワクワクしてきませんか?武藤店長もとっても気に入っていて、新型ROUBAIXの試乗車を2台用意する予定です。詳しい情報はFacebookにも掲載しますのでそちらをご覧ください。気になった方はぜひ、ご来店お待ちしております。

新型ROUBAIXのラインナップです。

S-WORKS ROUBAIX ETAP ・・・1.150.000円(税抜)
S-WORKS ROUBAIX DI2・・・1.150.000円(税抜)
ROUBAIX EXPERT UDI2・・・590.000円(税抜)
ROUBAIX COMP・・・340.000円(税抜)
ROUBAIX SPORT・・・270.000円(税抜)

S-WORKSのフレームは「FACT 11r」でそれ以外「FACT 10r」となります。

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email