こんにちは 昨日の定休日は、スペシャライズド本社のある厚木にて開催された、ディーラー向け2020年モデル展示会へ行ってきました。2020年モデルというくくりはありますが、ここ最近はモデルイヤーの感覚が無く、毎月のように新製品が登場するスペシャライズド。今回の展示会も新製品をズラリという感じでは無く、10月にNEWカラーの出るモデルを中心の展示でした。でもこれがまた綺麗な色を出して来るんです!!ずらっと写真ならべますね。

どうです!いい感じのカラーが多いと思いませんか!?細かいモデルや価格は店頭にて聞いて下さいね。と、実はここまでが前置きで、ここからが本題。スポーツ自転車の革命が起きます!

すでにグローバルで発表されているE-BIKE(電動アシスト付きバイク)ROAD「CREO SL」が、いよいよ日本で本格展開スタートとなります。とにかくまずは写真を見て下さい。こんなにカッコいいE-BIKE ROADって今までありましたか?

見た目もカッコよくすごいのですが中身もすごい!まず他のメーカーと大きく違うのが「モーターユニットがスペシャライズドオリジナル」という点です。他メーカーは、シマノ、ボッシュ、などのモーターユニットを製造、販売しているモノを、自社のバイクに取り付けて販売している形ですが、スペシャライズドは完全オリジナル!だからスマートなんです。下記がモーターユニットです。

オリジナルにすることで、まずは軽量に出来ます。シマノ、ボッシュのユニットが重量3kg近くあるのに対し、スペシャの「ユニットは2kg」。バッテリーの重量はボッシュが3.5kg、3.7時間充電で走行距離100km前後。シマノが重量2.6kg、4時間充電で走行距離115km。それに対しスペシャライズドは「重量1.8kg、2.6時間充電で走行距離130km(プラスバッテリー65km)」と圧倒的性能の差があります。よってS-WORKS CREO SLですと完成車重量が12.3kgしかありません!実際に持ったのですが、オールマウンテンバイクの上位グレードの重量って感じでした。ぜんぜん輪行できるレベルです!因みにほかのメーカーは何処も20kg前後あります。もちろんこの軽さは武器で、日本仕様に設定すると24km/hでアシストが切れるのですが、ここまでアシストしてくれれば後は、通常のロードと同じくスピードを上げることが簡単に出来ます。またアシストのかけ方も、今までの踏むとウィーーンと出るアシストでは無く、徐々にかけてくれる、今までにない感覚のアシストとなります。自転車乗りのことを本当によくわかって作っているE-BIKEなのは間違いないです!

実は今回、なんと乗っちゃいました!アシストされている感覚があまり無いのになんだか速くて楽チン!というのが印象で、今まで乗ったアシスト自転車とは全くと言っていいほど違う乗り物です。今、乗っているロードバイクと本当に差が無いのに楽!これは完全に新感覚でした。皆さんの固定観念がぶっ飛びますよ!

日本仕様の発売は来年の春で、当店も時期は少しずれますがもちろん販売します!試乗車も置きます!乗らないとこの良さはわからないですからね~。ロードはS-WORKS~COMPグレードまで3タイプ(S-WORKSで150万円前後、COMPで75万円前後の予価)。このユニットを積んだマウンテンバイク、クロスバイクも来春一緒に発売されます。

他にもお話したい情報がたくさんあるのですが、ここでは長くなるのでここまで。詳しくはぜひ聞きに来てくださいね。またパーツなども今後続々NEWモデルが登場します。解禁日まで口チャックですが、#$%%&&’’’&%&’”!!!マジで楽しみな物がどんどん出てくるので楽しみしていてくださいね!!

今回は展示会の後にエリートショップだけの懇親会BBQがありました。おいしいお肉と料理。それと楽しいおしゃべり。皆さんお世話になりました。

またまた厚木の夜を堪能してしまいました・・・。

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email