長期休業ご迷惑ご心配おかけしました。7/18(木)より営業再開します!

Trek CarBack レーダーライト|安心してロードライドを楽しもう

安心してロードライドを楽しもう

Trek CarBack Radarリアライトは、レーダー内臓のリアライトです。CarBackのレーダーが、後方から接近する自動車を最大240mまで検知し、ペアリングしたGPSヘッドユニットを通じて音声と視覚で警告する。また、最大2km先から見えるクラス最高のデイライトを内蔵しています。

エアロ・シートポストにも対応するシンプルなマウントと、全高約70mmのコンパクト設計で、短いシートポストでもつけやすく、サドルバッグと干渉しにくいのも嬉しいポイントです。

  • Garmin, Wahooなど、ほとんどのサイクリング用GPSコンピュータと互換性あり(ANT+ / Bluetooth)
  • CarBackとTrek Accesoryアプリをペアリングすると、後方から来る車両の接近と、その通過距離をスマートフォンで確認可能。
  • 日中でも最大2km先から視認できる、フォーカス、フラッシュ、レンジのモード設計
  • 1回の充電(約4時間)で約7時間稼働
  • バッテリー残量ゲージを搭載/USB-Cによる高速充電(ケーブル付属、USB充電器は別途)
  • 防水USB-C充電ポート装備、雨の日でも安心して走行できるIPX7防水性能

安全なサイクリング環境を実現するための、
これまでのトレックの社会的取り組み

トレックは2015年、「自転車用デイライト」というまったく新しいコンセプトのFlare Rを発売しました。自動車からの被視認性をアップさせることで、自動車との接触事故を減らすのが目的で、それ以降もデイライト利用の重要性を訴え続け、現在では多くのサイクリストが習慣として取り入れています。

2019年にはヘルメットの新衝撃吸収技術「WaveCel」を発表し、世界を驚かせました。これは落車時に発生する斜めからの衝撃を吸収し頭部を保護、頭部損傷を防止する革新的な技術です。

そして2024年、最高の性能を持つリアビューレーダーのハイエンドモデル「CarBack」をラインナップに加え、カテゴリーの新基準を打ち立てることに成功しました。CarBackは単なるライド用デバイスではなく、安全なライド環境を実現するためのトレックの社会的取り組みの象徴なのです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ROUTE610のWEB管理担当です。