長期休業ご迷惑ご心配おかけしました。7/18(木)より営業再開します!

TREK Slashが北米の専門メディアでマウンテンバイクオブザイヤーを受賞

少し前の記事になりますが、TREK Slashが2023 ピンクバイクアワード: マウンテンバイクオブザイヤーを受賞しました。Pink Bikeは世界中のマウンテンバイクファンに支持されているカナダのMTBメディアです。

トレックスラッシュ

私の記録が正しければ、2023年はバイク・オブ・ザ・イヤーの連続受賞者が出た最初の年となります。トレックは昨年、Fuel EXでタイトルを獲得し、今度はSlashで再びタイトルを獲得しました。Slashはエンデューロ・フィールド・テストで印象的なパフォーマンスを発揮し、スピードと安定性の融合により、すべての編集者のお気に入りリストに載りました。

また、非常に適応性が高く、急勾配のゴツゴツした地形が得意なのは確かですが、一芸に秀でたバイクではありません。ヘッドアングルはどちらの方向にも1度変更でき、27.5インチまたは29インチのリアホイールを装着でき、5つの異なるフレームサイズに加えて、リアショックの進行レベルを選択できます。これらすべてが、ライダーの好みに合わせて手間をかけずに微調整できるバイクにつながります。

ハイピボットサスペンションデザインの復活は減速の兆しを見せておらず、これまで以上に多くの企業がアイドラートレインに飛び乗っています。このデザインは確かに複雑さを増していますが、その利点は荒れた道で明らかになります。後方の車軸経路により、バイクは繰り返し激しい衝撃を吸収できるからです。

ロングトラベルのハイピボットバイクは、地面から立ち上がるのに一苦労に感じることがあるが、トレックはスラッシュで非常に良いバランスを実現した。必要なときには力強く走り、大した手間をかけずに空中に飛び出すこともできるのです。

リオ・ディジュリオは「このバイクは、道のゴツゴツした部分を楽々と走り抜けるだけでなく、慎重に考えられたジオメトリと非常に予測可能なサスペンションの感触のおかげで、タイトでスローな道でも同様に優れた性能を発揮する」と書いている。

このバイクのデザインに込められた小さなディテールのすべてが積み重なって特別なものを生み出し、トレックのスラッシュは2023年のマウンテンバイク・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

https://www.pinkbike.com/

TREK Slashは、ハイピボットとアイドラープーリーが特徴的なロングトラベル エンデューロバイク。可変式のヘッドアングル、29インチにも換装可能なマレットホイールを採用しています。

マウンテンバイクは、楽しむフィールドにおいて細かくカテゴライズされます。クロスカントリーレース、トレイルライド、ゲレンデダウンヒル、エンデューロレース、耐久レース、街乗りなど。初めのバイク選びがとても大切。モデル選びに迷ったら、マウンテンバイクに乗ることが大好きな当店にぜひご来店ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ROUTE610のWEB管理担当です。